施療内容

療法について

当院では、主に筋肉、関節、姿勢の3つの側面を重視し、個人個人の症状に合わせた配分でアプローチします。療法としては高い評価を得ているトリガーポイントセラピーをメインとしたカイロプラクティック施術となりますが、適宜東洋整体でのつぼ(経絡)への手技も取り入れながら患者さまお一人お一人に合った個別のメニューで最初から最後まで一対一で丁寧に対応いたします。基本的にソフト整体ですので、ボキボキというハードな手技ではなく、安心してお受けいただけます。

 

 [ トリガーポイントセラピーについて] 

あらゆる肉体的、精神的ストレスは、多かれ少なかれ身体に異常を引き起こします。自覚のあるなしにかかわらず筋肉の緊張、血行不良が起こり、またそれらが特徴的なポイントに硬結(コウケツ≒こり)を発生させます。そのポイントをトリガーポイントと言います。この状態を放って置くと、こり→筋緊張→血管収縮→代謝不良→痛み→筋緊張・・・という悪循環に陥り、その過程では、冷え、しびれ、骨の歪みなど様々な症状を呈することになります。

カイロプラクティックはその悪循環を断ち切り、改善を促し、更にメンテすることによって良い循環を維持していきます。特にこのトリガーポイントに重点を置いた療法を「トリガーポイントセラピー」と言います。

因みに、トリガーポイントの概念は、脊椎の痛みに苦しんだJ.F.ケネディーの主治医だったジャネット・トラベル女史によって体系化されました。またトリガーポイントは、東洋医学の経絡(つぼ)とかなり重なることがわかっています。

 

 

一般的な施療の流れ

カルテ問診

 

カルテ記入/問診

できるだけ気になる点は申告してください。何気ない日常の生活・習慣に原因が潜んでいることがあります。

 

 

動作チェック

 

姿勢・動作チェック

    普段の姿勢のバランス、動作時の可動域・痛みなどをチェックします。

トリガーポイントセラピー

 

施療

症状のある部位のみに問題があるということはまずありません。その部位に注目しながら全身のトリガーポイントにアプローチしていきます。

必要に応じ関節の調整を行いますが、ソフトな調整なので痛みの心配はありません。

可動域変化

 

アフターチェック

    痛みや可動域の施療後の変化を施療前と比較し確認します。

姿勢アドバイス

 

アフターケアー

日常生活での留意点、効果的なストレッチや体操のアドバイス。今後の方針についての説明などをさせていただきます。

 

※ 施術時間は、個人差があるため内容により異なりますが約60分、初回はプラス20分です。

 

 

 

ページTOPへ 

 

ご予約・お問合せ ☎03-6915-3345  受付時間 9:30~19:00  定休日 水曜・木曜

ご予約・お問合せは

☎  03-6915-3345

  《 予 約 制 》

 

受付時間 9:30~19:00

定休日  水曜・木曜

 

ALPHI CHIROPRACTIC

〒176-0005

東京都練馬区旭丘1-46-9


お知らせ

  <臨時休業のお知らせ>

5月26日(土)は都合によりお休みとさせていただきます。